設立の背景
何をする会社?
トレーサビリティシステム?
認証の特徴
認証の仕組み
会社概要
企業・団体の方へ
認定されたみなさんのページ
生産情報公表牛肉JASのページ
国産安心きのこ認証のページ
リーファース オーガニックレストラン認証のページ
TEL
03-6231-0839
FAX
03-6231-0841
Mail
info@leafearth.jp
 

トレーサビリティ(Traceability)は、トレース(Trace追跡)とアビリティ(ability可能性、能力)という言葉がくっついたものです。直訳すると「追跡できる可能性・能力」を意味します。「トレーサビリティ・システムがある」ということは、「食品の生産・製造方法や食品がたどるルートがわかるようになっている」ということを意味します。

たとえば野菜においては、「台所で調理する野菜がどの畑でどのように作られたか確認できるようになっている」ということ。食卓にのる食材の情報がわかることからトレーサビリティ・システムとは「農場から食卓まで(From farm to table)が、わかるシステム」と呼ばれています。このトレーサビリティ確認作業は、オーガニック食品の検査において、重要な確認作業になっています。

食品の安全性を脅かす問題が昨今多発し、誰がどのように作っているか(生産履歴・製造履歴)という情報を表示している商品を以前より多く見かけるようになりました。それはいいのですが、それを第三者がきちんと確認しているかが重要なのです。

というのもいくら立派な高額なシステムや基準を導入しても人の理解不足や意識不足によってミスはおこります。従って、一番重要なのは、行っている人たちがちゃんと理解して実行しているかということの確認です。作業する人たちがしっかり理解していれば、シンプルでもしっかりとしたトレーサビリティ・システムができるのです。それはオーガニックで立証済みです。

農林水産省では「食」と「農」の再生プランで、トレーサビリティシステムを平成15年度に導入することを計画し、スーパー等にならんでいる食品がいつ・どこで・どのように生産・流通されたかなどについて消費者がいつでも把握できる仕組み(トレーサビリティ・システム)を導入し、更にこれを実効あるものとするため、食品生産工程履歴のJAS規格の法制化も検討し、2003年12月には牛肉の生産情報公表JAS規格を導入しました。これに続き、豚肉、農産物の生産情報公表JAS規格も制定されました。

リーファースではこれらに先駆け、トレーサビリティ・システムが本当に機能しているのかどうかをオーガニック検査でトレーサビリティ検査に熟知している検査員が、第三者の目で確認する作業を中心に検査・認証しています。


 


Leafearth 2003 Copyrights (C) All Rights Reserved.
当サイトで使用している、画像・文章・デザイン等の著作権は全てリーファースに帰属しています。
このサイト及びコンテンツ内容は,著作権者の許諾なしにまたは引用先表示なしに
一部又は全てを 複製・改変・引用・転載することは一切許可されていません。